麓山観光地

響鼓嶺

響鼓嶺の上品な名は歩虚嶺と言う。響鼓嶺地形は高く、おかしい岩は林立し、風景は最も優れ、歴代は仏、道両方に重視された。亭側の大きい石に現代人周翰陶の書道「響鼓嶺」3字があり、もう一つ大きい石に「観楓台」3字がある。亭北側には1941年の7月7日に立てた「長沙会戦碑」があり、碑の高さは225m、幅1m。碑文は1939年9月国民党第9作戦区域全体将兵が勇気を出して日本軍に抵抗する悲壮な事績を記述した。史称「第1回長沙会戦」。碑の裏面に記述詩を10首彫った。

响鼓岭2.png